ルナパゴットの一生、公演詳細

未分類

ルナパゴットの一生
劇場 ART THEATER かもめ座
出演 河村杏里、中野貴啓、荒井幸夫、安田直史、池冨浩、ゴンザレスユミ、沖野沙弥
脚本 竹屋光浩
演出 竹屋光浩
料金 2,000円
照明:傍嶋史紀
音響:中江聡
主催:札幌ハムプロジェクト★東京支部

【発売日】2015/08/30
【チケット】前売 2000円
【日程】9月18日(金)~20日(日)
9月18日(金) 19:30
9月19日(土) 14:00 / 19:30
9月20日(日) 14:00 / 18:00

■あらすじ
月に水が発見され、現代の新大陸に世界が賑わった後の時代。

月で生まれた瑠奈・輝彦の兄妹は地球に行ったことがなかった。
成長にするにつれ、地球への思いがつよくなる二人。
機械バカの兄・輝彦はペットボトルロケットを改造し、18歳の誕生日に地球へ家出した。お金がなかった瑠奈は必死でアルバイトし、兄を追いかける決心をする。
幼馴染のインド人・アジャンタと、家族の世話係AI・アンドリューのホログラムを連れて、地球へと家出した。

地球へ来たはいいが、兄の手がかりが見つからない。
3人は喧嘩し、離れ離れに。
瑠奈は地球の女科学者と会い、手がかりをさがす。
そのころ家出に気づいた両親は持てる力を集め地球へ向かう。
不敵に笑う女科学者。
兄はどこへいったいどこへいったのか。

地球と月を舞台にした、兄妹の旅の話。

■札幌ハムプロジェクト★東京支部・初の個人企画

普段スタッフとして七転八倒している私・竹屋光浩が、どういうわけか台本を書き始めました。
これからの自分を思い描いたときに、今どうしてもやらなけばならんと思い立ち、仲間を集め方々にお願いをし、どうにか上演できることになりました。力を貸してくれたみなさんに本当に感謝です。

お話は「月で生まれた女の子が”大人”になるまでを描く、温かいSF」です。

この実験、いったいどうなるのか。よろしければ観に来てやってください。

【アクセス】
東京メトロ 丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」徒歩5分
JR「阿佐ヶ谷駅」徒歩10分

タイトルとURLをコピーしました